投稿

1月, 2015の投稿を表示しています

細長い上敷きござの製作は畳数計算です。

イメージ
細長い上敷きござの製作は畳数計算です。

おまかせ工房からのお知らせのような内容です。

今年になってから何件かの問い合わせの中で、廊下敷のような細長いござを作ってくれという依頼がありました。


まぁ、見積をしないと計算できないわけですが、畳数で計算します。


何が言いたいのかというと、6畳や8畳には一般家庭ではまずならないってことですね。


1畳っていうのは長さが176cmぐらいあります。

仮に6畳分の料金だと176x6=10メートル56センチ。


こんなに長い廊下のある住宅は、まずないです。


なにやら、こういう特注サイズになると随分と高い印象があるようですが、そんなにメートル数も必要とはならない世界。


3畳ぐらいですよ、多いのはね。

ただ、1畳単位で計算していきます。






時には長いものもあります。

体育館で使うときなどは20メートルぐらいの細長いものも作る。

でも、家庭ですよ、家の廊下は3メートルもあれば事が足りている住宅がほとんど。

ござのサイズオーダーはそんなに高いもんじゃありません。



見積計算で「いくらになります」と返答すると、「そんなもんなの?」と言われる。
そんなもんです。

あとは品質などを選んでもらう。

そんなに高くはないと思うから、良い物を選んでもいいように・・・・・思います。





い草上敷きの専門店 おまかせ工房
http://www.omakase-factory.info/




興味のある方は是非ご覧ください。

床が冷たい 浴室が冷たい 対処方法

イメージ
【業務用】洗える炭マット(中)バスマット・床マット 滑りにくい素材 80センチx65センチhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000511/

ヒートショックという言葉があるそうですが、足の裏の冷たさで倒れてしまう。
主に高齢者に起こるそうですけど、年なんか関係なく冷たい床は嫌なもんです。

特に冬、この時期のタイル貼りはこたえますよね。


お風呂場に敷くといいと思うものが、おまかせ工房には一種類ありますので、それを紹介してみたい。


どうしてお風呂場なのかと言えば、滑りづらい素材をあえて採用しているから。
そして、丸洗いできるから。


主に業務用として作っている商品なので、世の中、もっとたくさん代替品が売れていると思う。
まともな商品を探している人におすすめです。






足の裏って手のひらより冷たさを感じる器官ですよね、器官なのかな?足の裏。

センサーみたいなもんでしょう。

浴室に入るときのあの足の裏の冷たさったらない。

そして、どういうわけだかキュキュ音をたてながら滑っていくバスマット。


特殊なフィルムを使って、水滴回りでも滑りづらくしているから、個室のある病室などで使われることが多い。

ヒートショックより転倒の方が老人には痛いかも・・・・アザもなかなか消えないし。



特におすすめなのが介護施設なんだけど、この現場では寝かせて入浴させることが多いみたいですね。

いろいろな施設でも使ってもらっている。


寝そべって体を洗うとき、こういうマットが便利らしくて、カカト、ヒザなどを床に打ち付けない。


厚みもあるしね。






【業務用】洗える炭マット(中)バスマット・床マット 滑りにくい素材 80センチx65センチ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000511/





興味のある方は是非ご覧ください。