投稿

1月, 2014の投稿を表示しています

何これ? 上敷ござの補修テープ ヘリテープ

イメージ
メール便の上敷のヘリhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000164/


上敷のヘリ?という方もいると思います。

ござの縁です。

これだけ持っていてもしょうがないので、家庭で使えるようにしてあります。


ではこの上敷縁をどうするのか?というと修理や補修で使います。


テープのようにしてあるので家庭の部屋でござの修理ができるはず。

とても便利だというご意見もいただいているので、便利グッズなのでしょう。

ござを切ったりしたときには超便利だと思いますよ。





10メートルまではメール便でも対応しています、11メートル超は宅配便のみ。


この縁はおまかせ工房の上敷でも使っている縁ですので、当店で上敷を購入された方が部屋を変えて大きさを合わせたいときでも大丈夫です。


上敷を切って、切りっぱなしはやめてください、必ず縁を付けてください。

大きさが大きすぎるときなど、一辺をザクザク切ってそこへ縁を付けておけばなんとかなります。


本来なら縁といぐさは縫いあわせていきますが、これは家庭ではちょっと難しいはず。

だから補修テープのような感覚で貼り付けておけるようにしてある。

いろいろな柄がありますが5種類です。





メール便の上敷のヘリ 5種類あります。
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000164/




興味のある方は是非ご覧ください。

外廊下に上敷ござを敷きたい

イメージ
外廊下にござを敷くhttp://www.omakase-factory.info/

廊下と聞くとイメージしやすいと思いますが、日本家屋では外廊下と言う方が多いかもしれません。

現代住宅では廊下と言えば入り口から部屋までの通路をいいますね。

マンションなどでは玄関から伸びた部分。


外廊下?と思われる方もいると思いますが田舎の家では当たり前にあります。

敷地が広くて家も大きくな昔の家。

そこの廊下にござを敷きたいという人達がいる。

とくに冬場だけ敷きたいって人が目立つ。


理由は、床が冷たいから。






最初は冬場だけ敷いておこうとしても結局は一年中敷いていることになる。

ここで一つ問題がわいてきて、どうやって上敷と留めておくかってこと。

鋲は打てない、床だから。


粘着力の強い両面テープが多いようです。

それかホームセンターなどで売られているゴムマット。

これをしておくとズレない。


ではどうして一年中敷いておくことになるかと言うと、夏場に縁側に座っても気持ちがいいから。

寝転びたくなる。


ただ、外廊下で使うと部屋で使うより持ちが悪く。

そこら辺は経験ですが、意外と人気があるのが外廊下敷物です。

今どき、デカイ家じゃないと外廊下なんてないです。


外廊下なら「自由に切れる上敷」がおすすめ。



い草上敷ござの専門店 おまかせ工房
http://www.omakase-factory.info/




興味のある方は是非ご覧ください。

在宅介護で活躍するポリプロピレンの敷物

イメージ
在宅介護で活躍するポリプロピレンの敷物http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000163/


主に和室で使うことを前提に今回の店長ブログを書いてみたいと思います。


まずこの業務用ポリプロピレン敷物は洗えます。

完全防水ではありませんが、表面張力がかなり効くのですぐに拭いてもらえばなんとかなる。

どうしても完全防水のように下に染みこまいようにしたのであれば、畳の上にビニールシートをはってから、このポリプロピレンの敷物を敷いてください。


洗えるという点がとても清潔でいられる利点でもあります。

シャワーのような洗い方がおすすめ。


い草の上に水滴がたれてるとシミになりがちです、あとどうしても臭いという点も見逃せないと思います。

そのようない草の欠点をポリプロピレンの敷物で代用して、より快適な取り組みを実現できるのではないでしょうか。




できるかぎりい草のような色に仕上げてあります。

和室で敷いても違和感がありません。


間取り寸法としては、「五八間」と「本間」と「江戸間」のどれか。




公民館・集会場・公会堂・福祉施設・介護施設・病院・海の家・民宿・幼稚園・保育園・キャンプ場・バンガロー・お花見などあらゆる場所で敷いて使える便利な敷物です。

よくあるブルーシートでは味気ない、もっと人の温かさのようなものを持ち合わせた敷物が必要になる時があります。

水着で座っても半ズボンで座っても痛くない、寝転がっても良いような敷物。

この敷物は上敷きの折り方で織ってますので、多少ですがクッション性、表面張力もありますので防水性(完全ではありません)があります。

おまかせ工房をご贔屓にしていただているお寺併設の幼稚園から、「子供らが寝られる敷物、砂場に敷いてもいい敷物はないか?」という要望から生まれた敷物です。


なかなか良いと思いますよ。




濡れ場・汚れ場に最適なポリプロピレンの敷物)
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000163/







興味のある方は是非ご覧ください。