投稿

11月, 2016の投稿を表示しています

歪な形の和室でも上敷きござは敷けます

イメージ
自由に切れる上敷き 江戸間6畳http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/

和室というのは整然としている、縦は縦、横は横。

でもそうじゃない和室というのもあって、少し歪んでいる部屋もある。

時には台形のような形になっていたり、三角形の和室もある。


当然、そういう歪な部屋に敷き詰める畳は特注品、しかも製作難易度が高いこともあってどこでも作ってくれるような畳じゃない。

職人泣かせというのか、職人の腕の見せどころというかな。

おのずと畳自体も高くなる。


上敷きを敷くとさらに整然と見える、縁が同じ方向に流れるから。

しかし、歪な部屋に敷けないのが上敷き、斜めが入ると都合が悪い。

そこで「自由に切れる上敷き」の登場と相成る。


斜めに切れるのは魅力的な部分だと思う。


角を落としたり、途中に凹みをつけたりすることもできる。


ただ、普通の上敷きとは少々作りが違っていて、両面は使えない。



フローリングの上にも敷けるからリビングにゴザを敷きたい人も使う。


切ったときには縁を付けないといけない、これだけはやらないとダメ、そのために「補修用ヘリテープ」がある。




自由に切れる上敷き 江戸間6畳
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/



興味のある方は是非ご覧ください。

特売品の上敷きござ 旅館向け製品のご紹介

イメージ
特売品のい草上敷き http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000159/

同じパターンで作っていくことができるということもあって、少しお得感がでるのではないでしょうか。

おまかせ工房の特売品の上敷きのご紹介です。


旅館向けとして常時作っているシリーズです。

あのような施設の場合には枚数が多いので、い草の品質、縁の種類など一定のまま作ります。

そのため量産タイプとして作れるメリットがある。


デメリットとしては好みを出せないというぐらいです。



おまかせ工房の上敷きはい草の品質が選べて縁も選べるように一枚からでも作っていますが、これはそうはいきません。

でも、その代わり、、、、い草の品質はワンランク上げてあり価格は据え置いている。

お買い得と言えばそうなるわけです。


縁はNo.5の縁のみ、画像のものですね。




サイズオーダーにも対応していません。


江戸間か本間だけ。


なんだか、あれこれできないことが多いようにも思うかもしれない。

でも、旅館向けならこれだけ揃えば十分なんです。




特売品のい草上敷き
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000159/






興味のある方は是非ご覧ください。