投稿

レターパック便は年末年始でも出荷が可能 上敷きカットの決定版 補修用のヘリテープ

イメージ
ござのサイズを変更したい 切りたい 縁を直したい https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000208/

大掃除の時期になってきましたが、上敷きが画像のように折り曲げて敷いていませんか?

折り曲げて鋲で止めている・・・かなりのご家庭でそうやっているのかもしれない。

量販店で上敷きを買ってきて敷いてみたらちょっと大きかった・・・・。


この敷き方はとても危険なのですぐに切ってしまったほうがいいです、これは間違いないことだと思う。

上敷きって切れますよ、普通の上敷きは斜めには切れませんけど、縦横には切れる。


ただし、切ったときには「補修用ヘリテープ」を付けてください、そうしないとバラバラになってしまう。



作業は動画を商品ページで確認できるようにしてあるので、まずはそれを見て。


5種類の縁を用意しています、この5種類はおまかせ工房で作っている上敷きと同じものです。



補修用のヘリは縫い合わせることがないように加工してある。

とても使いやすいです。


10メートルでも1本として届けているので、仕上がりが縫い合わせているかのように綺麗にできると思う。








レターパック便は年末年始でも出荷が可能 上敷きカットの決定版 補修用のヘリテープ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000208/




興味のある方は是非ご覧ください。

江戸間と本間の部屋に合う 特売品の上敷きござ

イメージ
特売品の上敷きシリーズ 江戸間と本間サイズのみ https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000609/

おまかせ工房の上敷きの中で「特売品の上敷きシリーズ」があるので、今回はそれを紹介してみたいと思います。

通常であれば、品質を選べて、縁の種類も選べて、サイズも選べるタイプのものが主流ですが、このシリーズは織り機にセット済みの量産ラインで作るので、品質は固定、縁は固定、サイズは固定。


要するに、江戸間、本間以外は作れない、縁の種類はNo.5のへりだけ、品質は7ランクのみ。


あれこれ制約が多いシリーズですけど、品質をワンランクアップして価格はワンランクダウンしてあるわけです。

旅館向けの量産ラインで作っている特売品の上敷き。



縁が気に入ってくれればお買い得かもしれない。

サイズオーダーで作ることができないけど、補修用ヘリテープはちゃんと用意をしています。

これを使って各人で寸法を合わせてもらう。


サイズオーダーで作ってしまえば補修用ヘリテープは必要ありませんが、例えば、角柱だけ切り取りたいときなどはこういう特売品シリーズを使ってみてもいいかもしれません。



特売品の上敷きシリーズ 江戸間と本間サイズのみ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000609/
補修用ヘリテープNo.5が対応します
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000164/


興味のある方は是非ご覧ください。

年内仕上がりは12月中旬までの注文で締め切ります

イメージ
い草上敷きの製作販売の専門店 おまかせ工房 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000102/

毎年のことですが年内までに到着希望という直前の駆け込みがあります。

おまかせ工房では作り置きの上敷きはありませんから、その都度作って届けていますが、そうそうすぐにはできません。

今年は12月15日までの注文で年内仕上がりの最終になると思います。


やはり、新しい上敷きで新年を迎えたいのはよくわかりますが、直前すぐる注文では対応できません。


ならば、新年早々にすぐに届くのか?ということでもありません。



上敷きを一枚作るのに一週間はかかりませんが、前の人たちの注文残というものがありますね。

ともかく注文順にいろいろな寸法の上敷きを作っていきます。



同じ寸法のものが何十畳分とあれば作業も比較的早くいきますが、ともかく、皆さんてんでんばらばらの寸法です。

まぁ、そういうことなので、先に作っておいて年末の大掃除に敷いてみるのもいいじゃないでしょうか。


12月15日以降の注文については、年内配達は無理という連絡はしておきます。



い草上敷きの製作販売の専門店 おまかせ工房
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000102/




興味のある方は是非ご覧ください。

冷たさと滑りを止めたいときに使う 業務用バスマット トイレマット

イメージ
バスマット トイレマット https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000511/


炭すだれで採用しているポリオレフィン樹脂の中に炭の微粉末を20%混ぜて作った中敷きを入れてあります。
炭すだれでは硬さを保つために5%、この炭マットの場合には水気が多いところで使うことも考えて20%の炭を混ぜてあります。
炭の消臭効果・炭の遠赤外線効果も多少なりに期待できるバスマットとトイレマットです。
濡れ場で使うことも考えて裏面にはEVAフィルム(滑りにくい加工)を採用。
置いて使うだけなので全く滑らないというわけではありませんが、なかなか良い感じに仕事をしてくれます。
炭素材を中敷きに採用しているのは、アンモニアや酢酸など環境問題で話題のホルムアルデヒドを非常に吸収するからです。
特にトイレマットなどで使う場合には効力を発揮してくれることでしょう。



画像のように水弾きがとても良く表面張力が抜群ですが、やはり濡れたら乾かすことが必要です。
浴室で使うなら立てかけておけばいいでしょう。
基本的な使い場所としては、浴室・トイレになりますが、薄いながらも弾力性がありますのでフローリングの上で簡易畳・置き畳としても使えます。
小さなお子様がいる家庭などでは子供の遊び場として利用してみてはどうでしょうか。
床の上だと膝が痛くなるのでい草上敷のような色合いをした落ち着きのあるインテリアグッズでもあります。
お風呂場に敷く畳・・・・そんなイメージがピッタリな洗える畳です。

トイレマット・バスマットは作り方など全く同じ製品です、トイレマットは形状にクビレをつけてあります。
寒い日の浴室のタイル張りなどはかなりキツイと思います。
そのような滑りにくいマットがあると重宝しますよ。


バスマットの大きさは二種類、トイレマットの大きさは一種類。 バスマット・・・・・(中)80cmx65cm、(大)80cmx120cm。
トイレマット・・・・・65cmx60cm。
※EVAフィルムの特徴
1.柔軟性、ゴム弾性、低温特性にすぐれたプラスチックで、-50℃まで可撓性がある。
2.成形加工性にすぐれ、耐候性も優秀で、ストレスクラックにもよく耐える。
3.水・紫…

ござを切りたい・・・細かく切りたい、ザックリ切りたい

イメージ
フリーカットの上敷きござ 江戸間・本間サイズから切り取れますhttps://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/

部屋にはいろいろなものがあって、真四角であれば誰も気にせずカーペットを敷くんだけど、箪笥があったり柱があったりして敷き詰めるっていう敷き方ができない環境も多いよね。

リビングなどであればアクセントラグを使うとソファー前だけとか、一部分だけ敷くことが多い。

和室だと上敷きを敷き詰めたくても家具などがあるとちょっと困ることもある。

そのため中敷きのようにそれら物体を避けて敷くこともあるんだけど、なんだか変なわけだ。


やはり和室には四方にしっかり縁がきているほうが綺麗に見える。


でも、、、、切らないと、、、、というときに使うのが「自由に切れる上敷き」。


画像のような出っ張り部分を切り取って、縁を付けると・・・・これまた綺麗に敷ける特殊な上敷きござのご紹介です。





意外と気づかない点として、「斜めに切れる」という部分。

画像でいうとテレビ台がある部分だね。


この自由に切れる上敷きは斜めに切ることができる唯一の藺草上敷きです。

それと、、、、フローリングカーペットとしても使う。

これまた唯一のフローリング向け藺草上敷き。


和室だけじゃなくてリビングでも藺草の敷物を使ってみたいときにはこれしかないわけだ。




フリーカットの上敷きござ 江戸間・本間サイズから切り取れます
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/




興味のある方は是非ご覧ください。

長尺の上敷き 細くて長い形で作るサイズオーダーのゴザ

イメージ
畳数で作るので細長くてもサイズオーダーで作れます。 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/

細長い長尺スタイルの上敷きはサイズオーダーで作る上敷きと何も変わりませんので、四畳半相当の長さからであれば普通に作っています。

四畳半相当というと8メートル前後ぐらいからになります。

長いものでは20メートルなどもありますが、30メートルなどは重みも増えてきますので、現実味のある長さとして20メートルぐらいまで。

一枚物で作ります。


使い場所は当然広い場所になりますが、体育館の周囲に観客などがいるとき、法事法要でお寺に人が集まるとき、園児の演芸などで保護者が見る観覧席など。

大勢の人たちが一斉に座る場所を作りたいときには、この細長い上敷きはよく使われています。

また、保育園、幼稚園などお昼寝タイムがある施設では、ゴロ寝用の敷物としても使われる。

身長が90cm以下ですかね、川の字に何人も横になって一斉にお昼寝です、夢心地間違い無し。





ん~ こんな形の上敷きも作れるのか? と思った人も多いと思います。

このような細長い敷物は特殊なので、畳数計算などをしなければいけません。

わからない点がありましたら問い合わせてみてください。



サイズオーダーで作る い草上敷きござ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/




興味のある方は是非ご覧ください。

補修用ヘリーテープを使うほうがいいのか? サイズオーダーで上敷きを作るほうがいいのか?

イメージ
サイズオーダーで作る上敷きのページhttps://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/

規格寸法 江戸間・本間・五八間などの上敷きのページ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000102/

損得だけの話をしても始まらないのが上敷きのサイズ変更、サイズオーダー。

確かに補修用ヘリテープを使えば簡単にサイズ変更ができる、角落としだってできる。

しかも、安くあげられることもある。


ならばサイズオーダーで作るのはどうだろうか?

こちらは等分割均等割で作れる、六畳サイズであれば三枚を繋げていくわけだけど、これら三枚が等分割均等割で綺麗。

縁は縫い合わせてある。


ところが、どちらが良いとも悪いとも、得とも損ともいい難い。


補修用ヘリテープを使う場合には、実際に敷いてからその場でカットできる。

これはひとつしなくていいことがある・・・・それは計測。

サイズオーダーの場合には敷く大きさ、つまり、部屋の広さを測らないといけない。

これが心配な人は補修用ヘリテープを使って、敷いてみてから切り落とすということでもいいように思う。




おまかせ工房では当店で作っている上敷きには全て補修用ヘリテープを完備しています。

サイズオーダーで作っても、補修用ヘリテープを使うことになっても、どちらでも対応できるのが専門店の上敷きござってわけです。




サイズオーダーで作る上敷きのページ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/

規格寸法 江戸間・本間・五八間などの上敷きのページ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000102/




興味のある方は是非ご覧ください。