投稿

2月, 2018の投稿を表示しています

一畳敷き 半畳敷きの上敷きを作りたい 座禅や法事でよく使われる寸法

イメージ
一畳、半畳の上敷きござ https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000154/

小さなゴザを探している人も若干ながらいまして、しかし、おまかせ工房では6畳相当の量にならないと一畳や半畳は作っていません。

こういう小さな上敷きは座禅をするときや、法事で自宅に僧侶がくるときなどに使うことが多い。

半畳ぐらいだと男性があぐらをかいてちょうどいい広さが確保できる。


肩と肩が触れるような座り方を嫌うことがあるので、座布団でも大きめのほうが利用する側から好まれますね。


一畳は寝ござとしても使われることがありますが、寝ござは寝ござ向けの織り方、い草を使うので柔らかいと思います、もし、上敷きを寝ござとして使う場合には畳の上がベストです、布団の上などでは固すぎると思う。



半畳は作っておいて販売をすることはない寸法なのでホームセンターに行ってもないと思う。

一畳は置いてあるところがあるかな。

しかし、そうそう売れる寸法ではないから、置いてあるものは新しいことがまずない。

上敷きって織りたてがやっぱり一番だと思う。



1畳、半畳のい草上敷き
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000154/




興味のある方は是非ご覧ください。

11畳、12畳、13畳、14畳、15畳の上敷きござの製作

イメージ
江戸間・五八間 10畳相当で作る上敷きのサイズオーダー https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000457/

大きな上敷きを探している人もいるかと思います、11畳、12畳、13畳、14畳、15畳の上敷きござになると使う場所も限られてくる。

6畳間と6畳間が並んでいる、、、こういうケースはよくありますね。

その場合には6畳を2枚用意すればいい。


今回の内容は12畳とか、15畳などの一枚物で作る場合の話です。

こういうサイズは規格品というものがありませんので、全てサイズオーダーということになる。

特注扱いということです。


どこのぐらいまでの広さなら作れるのか?

おまかせ工房では15畳相当までです、それ以上大きなものは作りません。

大きくなると経糸に力が加わりすぎるので切れてしまうと困るから、15畳一枚物が安全ですね。




10畳まで江戸間、五八間、本間の規格寸法がありますが、それ以上は全てサイズオーダーになります。

金額の計算は一畳当たり変わりません、サイズオーダーの単価の畳数分ということになります。

このような大きな特殊なサイズの場合には問い合わせてもらったほうがいいと思います。



江戸間・五八間 10畳相当で作る上敷きのサイズオーダー
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000457/




興味のある方は是非ご覧ください。