投稿

10月, 2017の投稿を表示しています

ござを切りたい・・・細かく切りたい、ザックリ切りたい

イメージ
フリーカットの上敷きござ 江戸間・本間サイズから切り取れますhttps://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/

部屋にはいろいろなものがあって、真四角であれば誰も気にせずカーペットを敷くんだけど、箪笥があったり柱があったりして敷き詰めるっていう敷き方ができない環境も多いよね。

リビングなどであればアクセントラグを使うとソファー前だけとか、一部分だけ敷くことが多い。

和室だと上敷きを敷き詰めたくても家具などがあるとちょっと困ることもある。

そのため中敷きのようにそれら物体を避けて敷くこともあるんだけど、なんだか変なわけだ。


やはり和室には四方にしっかり縁がきているほうが綺麗に見える。


でも、、、、切らないと、、、、というときに使うのが「自由に切れる上敷き」。


画像のような出っ張り部分を切り取って、縁を付けると・・・・これまた綺麗に敷ける特殊な上敷きござのご紹介です。





意外と気づかない点として、「斜めに切れる」という部分。

画像でいうとテレビ台がある部分だね。


この自由に切れる上敷きは斜めに切ることができる唯一の藺草上敷きです。

それと、、、、フローリングカーペットとしても使う。

これまた唯一のフローリング向け藺草上敷き。


和室だけじゃなくてリビングでも藺草の敷物を使ってみたいときにはこれしかないわけだ。




フリーカットの上敷きござ 江戸間・本間サイズから切り取れます
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/




興味のある方は是非ご覧ください。

長尺の上敷き 細くて長い形で作るサイズオーダーのゴザ

イメージ
畳数で作るので細長くてもサイズオーダーで作れます。 https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/

細長い長尺スタイルの上敷きはサイズオーダーで作る上敷きと何も変わりませんので、四畳半相当の長さからであれば普通に作っています。

四畳半相当というと8メートル前後ぐらいからになります。

長いものでは20メートルなどもありますが、30メートルなどは重みも増えてきますので、現実味のある長さとして20メートルぐらいまで。

一枚物で作ります。


使い場所は当然広い場所になりますが、体育館の周囲に観客などがいるとき、法事法要でお寺に人が集まるとき、園児の演芸などで保護者が見る観覧席など。

大勢の人たちが一斉に座る場所を作りたいときには、この細長い上敷きはよく使われています。

また、保育園、幼稚園などお昼寝タイムがある施設では、ゴロ寝用の敷物としても使われる。

身長が90cm以下ですかね、川の字に何人も横になって一斉にお昼寝です、夢心地間違い無し。





ん~ こんな形の上敷きも作れるのか? と思った人も多いと思います。

このような細長い敷物は特殊なので、畳数計算などをしなければいけません。

わからない点がありましたら問い合わせてみてください。



サイズオーダーで作る い草上敷きござ
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/




興味のある方は是非ご覧ください。