投稿

畳の上敷きを作ってみよう 織りたてを使ってみよう

イメージ
江戸間・本間・五八間サイズの6畳敷きの上敷きhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000159/

畳上敷きの注文が3月に入り増えてきました、気持ちのいいシーズン到来ってことでしょう。

4月、5月はピーク中のピークになるので、ちょい早めで利用するのがいいのかもしれない。


おまかせ工房の畳上敷きは織りたてを届けています、そのため即納っていうことができません。

おおむね一週間ぐらいは待っていてください。


縁を選べるようにしてあります。


四畳半、六畳、八畳などの日本家屋の間取りで作ることも、サイズオーダーで作ることもできます。


おまかせ工房では以前からサイズオーダーの方が多いですね。

幅と長さを連絡してもらう、もし、角を落としたいような変形ものであればそのとき同時にやっておきます。



畳上敷きっていうのは斜め切りができませんので、超変形の部屋の場合には「自由に切れる上敷き」を使ってください。

こちらであれば斜め切り可能。


まぁ、今回は規格寸法の畳上敷きのご紹介です。


江戸間・本間・五八間サイズの6畳敷きの上敷き
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000159/





興味のある方は是非ご覧ください。

簡単作業 楽々補修 畳の上敷きござのサイズ変更

イメージ
レターパック便 1メートルから10メートルまで ござ補修用ヘリテープ http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000208/

買ってきた畳の上敷きを敷いてみたら余ってしまった・・・・長かった、大きかった。


こんな経験ありませんかね?

知らない人にアドバイスを貰おうとすると、折ればいい、丸めてしまえばいい、と言われるかもしれない。

っで、実際にやってみてそれなりに収まれば納得しておしまい。


しかし、それは上敷きを痛めつけてしまうわけね、それから段差ができるから引っかかりやすくなる。

良いことがないんだけど、まぁ、言う人・聞く人が共に知らなければそれでおわる。



大きかった、余っているようであれば切ってください、上敷きは切れる。

ただし、切ったときにはこの補修用ヘリテープを必ず使ってください。

そうしないとイグサがバラバラになってしまう。




おまかせ工房で使っている上敷き縁をさらに加工して補修用に仕上げてあります。

使いやすさ、扱い易さ、適合性などは文句なし。

作業もトコトン簡単にできるように、縁の両端は折り済み、さらに中央も折り済み。


だから、綺麗に貼れます。



宅配便であれば20メートルでも30メートルでも出荷できますが、メール便(レターパック利用)は大きさ制限があるので10メートルまで。


一本物で届けています。


レターパック便 1メートルから10メートルまで ござ補修用ヘリテープ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000208/





興味のある方は是非ご覧ください。

綺麗に切れる上敷き その場で寸法を合わせるとき最適

イメージ
自分で切れる上敷き その場でサイズを合わせることができますhttp://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/

これは普通の上敷きではありません、少々特殊な上敷きです。


その場でサイズを合わせる必要があるときには便利、そして、フローリングに敷きたいときに使います。


サイズオーダーで上敷きゴザを作ってしまうのであれば、それで完成。

普通の上敷きを買って切っても補修用ヘリテープを使えばサイズは合わせることができます。



普通の上敷きなんだけど、、、カット前提仕上げにしてあるタイプがこれ、自由に切れる上敷きです。



カットしないで使う場合にはほとんどが床の上、つまりフローリング・カーペットとして使う場合ですね。


カットする場合には画像のように柱部分だったり、一辺だったりを切り落とすために使います。




裏面に加工をしているので、普通の上敷きのように両面使うことはできません。

その加工のおかげで切りやすい、バンバン切れるわけです。


斜めに切りたいときには、こうコレしかないと思います。



自分で切れる上敷き その場でサイズを合わせることができます
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000162/





興味のある方は是非ご覧ください。

細長いござ 劇団や演舞場向け

イメージ
上敷き茣蓙のサイズオーダー http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/

上敷きのサイズオーダーと聞けば、幅や長さが規格通りではないことは想像がつきます。

もっと変な形とでもいいますか、細長いゴザを作ることが度々あります。


普通の住宅ではほとんど用途がありません。

劇団などですね、演舞で使う。


細長いっていうのはどの程度が多いのかと言えば、幅は90cmぐらいですが、長さ10メートル、15メートル、20メートル。


芝居小屋で言うなら、端から端までぐらい。



今回作ったのは劇団員が横に整列して、そのとき正座やあぐらをしてという場面らしい。

一枚物です、だから、次の場面に移るときにゴザを戻すのは早い。


これを一畳一畳敷いては戻してをしていては、次の場面に素早く移れないというになる。


ん~ いろいろなところで使ってもらっています。








上敷きのサイズオーダー
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/




興味のある方は是非ご覧ください。

冷たい床、滑りやすい床に効果的 高齢者向けバスマット

イメージ
介護施設などで使われる高齢者向けバスマット http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000511/

若いうちは足の裏が滑りづらいから必要ないかもしれない。

あ~歳はとりたくないもんだと言ってみても順番ですね、今は若くてもいずれ誰でも生きていれば避けられない。


しだいに洋室で滑りやすくなってきていませんか?


それと冷たさが身に染みる、、、お年頃。


たまんなですよね、でも対策は打てる。


業務用品なので安くはないと思いますが、安物より効果的だと思う。



老人ホーム向けの商品ですが、個人宅でも活躍できると思います。




滑りづらいっていうのが特徴です、しかし、貼り付けるものではないで滑らないという言い方はできない。

特殊なフィルムを裏側に採用して、水滴の多い場所でもマットそのものを滑りづらくしてある。


ただ、バスマットの大きさは2サイズだけです。

もう一種類はトイレマット。



高齢者向けバスマット
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000511/




興味のある方は是非ご覧ください。

ゴザのサイズオーダー 変形の部屋でも敷ける上敷きの製作

イメージ
ゴザのサイズオーダー 変形の部屋でも敷ける上敷きの製作http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/

2016年の仕上がり分としては先日締め切っているので、今からの注文は年明けからの製作になります。

おおよそ1月の中旬あたりに出来上がると思います。


上敷きのサイズオーダーというのは、幅や長さを合わせる、それから角落としなどの加工も同時に行えます。


注意して欲しいのは、斜めに仕上げることはできない、という部分ですね。

極端に言うと、三角形などは作れません、円形も無理。


もし、斜め切りなどをする場合には「自由に切れる上敷き」を使って各人で行ってください。

この自由に切れる上敷きは特殊な敷物なので、自分で切っていくことが可能です。





部屋に合わせた敷物を作ると聞くと、とても贅沢に感じるかもしれませんが、ちょっと前まで当たり前でした。

既製品ばかり見ていると、サイズオーダー、オーダーメイドなどは贅沢に映るかもしれない、いや、面倒と感じるかもしれないな。

すぐには出来上がらないし、それでも一週間ぐらいみておいてもらば、部屋の広さに合わせた上敷きが出来あがります。




ゴザのサイズオーダー 変形の部屋でも敷ける上敷きの製作
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000289/



興味のある方は是非ご覧ください。

やりましょう やってみましょう ござのサイズ変更

イメージ
サイズ変更おまかせあれ できなそうだったことがすぐできるヘリテープ http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000208/

一人で暮らしていると気にしなくていいことが多くなって、おかしいかな?と思っていても何も変えないこともある。

でも、他に人がいると、これではダメだ、と思うときそのままにしなくなる。

敷いてみた上敷きござが多くても、丸めておけばいい、折っちゃえ、となることがほとんどだよね。


江戸間の六畳を買ってきて敷いてみたら大きかった・・・・これは上敷きが間違った寸法で作られているのではないと思う。

部屋が狭いんだ。



だって畳が六枚だから六畳でしょう、、、、間違っていない、六畳だ。


東京に住んでいるから江戸間だろ?、、、、まぁ、当ってないけど間違ってもいないかな。 


でも、和室の広さっていろいろなんだよね。


家を建てるとき江戸間、本間、三六間、五八間、京間、中京間・・・・こんな言葉はなかなか出てこない。


建築会社も土地に合わせて家を建てないといけないし、とかくリビングの広さなどに着目して畳数という考え方が薄れてしまう。

和室は綺麗に使うと、とんでもなく格好が良い空間になるからさ。



補修用ヘリテープの使い方動画です。



長かったら切りましょう、切れるんだからやりましょう。

ただ、縁テープが手元にないのにやってはいけない。


タンスを置くからいいんだよ・・・机で隠れるから大丈夫・・・・これヤメて、絶対にダメ。

切ったところにヘリテープを貼らないと、後でどうしょうもなくなる。

せっかくの上敷きがバラバラになってしまいます。




おまかせ工房で使っている上敷きの縁と全く同じものです。

本来であれば縫い合わせる、しかし、それは家ではできないと思う。

綺麗に仕上がるように両端も折ってある、さらに中央も折ってあるから作業効率は飛躍的に上がると思う。



役に立つ 上敷きの縁 補修用ヘリテープ
http://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000208/





興味のある方は是非ご覧ください。