11畳、12畳、13畳、14畳、15畳の上敷きござの製作


江戸間・五八間 10畳相当で作る上敷きのサイズオーダー

https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000457/

大きな上敷きを探している人もいるかと思います、11畳、12畳、13畳、14畳、15畳の上敷きござになると使う場所も限られてくる。

6畳間と6畳間が並んでいる、、、こういうケースはよくありますね。

その場合には6畳を2枚用意すればいい。


今回の内容は12畳とか、15畳などの一枚物で作る場合の話です。

こういうサイズは規格品というものがありませんので、全てサイズオーダーということになる。

特注扱いということです。


どこのぐらいまでの広さなら作れるのか?

おまかせ工房では15畳相当までです、それ以上大きなものは作りません。

大きくなると経糸に力が加わりすぎるので切れてしまうと困るから、15畳一枚物が安全ですね。




10畳まで江戸間、五八間、本間の規格寸法がありますが、それ以上は全てサイズオーダーになります。

金額の計算は一畳当たり変わりません、サイズオーダーの単価の畳数分ということになります。

このような大きな特殊なサイズの場合には問い合わせてもらったほうがいいと思います。



江戸間・五八間 10畳相当で作る上敷きのサイズオーダー
https://item.rakuten.co.jp/omakase/c/0000000457/




興味のある方は是非ご覧ください。

コメント

このブログの人気の投稿

畳サイズ一覧表・・・和室の大きさ

双目織りと引目織り

フローリングの上にゴザを敷くのならこれがおすすめ